会長あいさつ

 

               ごあいさつ

本年3月,新たな学習指導要領が示されました。そこでは,社会が大きく変化する中で,これから学んでいく子どもたちが大人になる2030年頃の社会の在り方を見据え,どのように「生きる力」を育むのかが重要視されています。
岡山市では平成19年4月に家庭・学校・地域社会・事業者それぞれの役割を明らかにし,市民協働による自立する子どもの育成に向けた「岡山っ子育成条例」が施行されましたが,教育に対する市民の意識はますます大きくなっているところです。また,「岡山市教育振興基本計画」も策定され,アクションプランが示されました。
さらに,本年2月には「岡山市教育大綱」が策定され,喫緊の課題として「学力の向上」と不登校問題の含めた「問題行動等の防止及び解決」が示されたところであります。
岡山市小学校長会は,結成以来,本市の小学校教育の充実・発展のため,真摯に研究・研修及び実践を重ねるとともに,教育条件の整備に努めることで多大な成果をあげてきました。しかし,その中で大きな課題も見えてきています。また,本年度からの岡山市への税源移譲により多くの制度改革も行われるため,対処しなければならない課題は山積しています。

私たちはこのような現状を深く認識し,岡山市小学校長会の目標でもある『新しい時代を創造し,未来社会に夢と希望をもち,たくましく生きる児童の育成』を目指して,校長会組織の総力をあげて課題の解決に努めなければなりません。そして,そのためには,教育現場における様々な人的資源や教育環境,教育機能,いわゆる「ひと・もの・こと」を効果的につなぎ,開かれた学校教育を進める中で,積極的に行政とも連携しながら市民の期待に応えていかなければならないと考えています。本年度は,この≪つなぐ≫という言葉を一つのキーワードとして,具体的な活動に示していきたいと考えています。

学校と子どもをつなぐ 学校と保護者をつなぐ 学校と地域をつなぐ 学校と市民をつなぐ

   岡山市小学校長会長

岡山市立福浜小学校長

青木 将