会長あいさつ

ごあいさつ

  『未来を拓く岡山市小学校長会』

 岡山市小学校長会は,結成以来,本市の小学校教育の充実・発展のため,真摯に研究・研修及び実践を重ねるとともに,教育条件の整備に努めることで,多大な成果をあげてこられました。
これまで以上に予測困難な時代を迎えようとしている今,子どもたち一人一人の自己肯定感を高めるとともに,自分自身の夢や社会への期待を胸に,生きる力をもった,しなやかでたくましい「未来の創り手」となるように育むことは私たちの大きな責務であると考えます。

そのためにも『風土=風+土』,先人の校長先生方が築いた「土壌」に,現役校長が「新風」を起こすエネルギーが必要であると考え,昨年度までの「活動の重点」の中身を整理(6柱⇒4柱へ)し,次の4柱「小学校教育活動の充実」「学校経営の充実と改善」「教職員の人材育成」「組織活動の充実」としました。
併せて「活動の重点」と「各専門部」との関連がイメージしやすい連動図(見える化)の作成に努めました。

また,学校経営の柱となる「人材育成対策部」の専門部を新設しました。
教職を志す学生を育てるための「人材養成」(教育実習やインターンシップや学校支援ボランティア等の現場経験)⇒「採用」⇒「人材育成」(教職員の資質・能力向上)の好循環な流れを創り出す効果的な取組は学校間で共有を進めたいと考えます。
専門部は「総務部」「教育研究部」「学校管理対策部」「教育課題対策部」「人材育成対策部」「修学旅行対策部」の6部です。

さらに,子どもたちを中心に据えて,プランづくりの段階から校長会組織と岡山市・岡山市教育委員会等が,ともに知恵を出し合い,よりよい方向に進めたいと考え,校長会研修会の6委員会[学校経営・教育課程・人権教育・特別支援教育・生徒指導・学校家庭地域連携]に関係課の出席を求め,双方に積極的な情報交換を行う貴重な場を設け,校長会研修会の中身の充実を図っていきます。

平成23年度に加盟した指定都市小学校長会研究協議会における調査研究や情報交換に努めます。 また,5年後(令和6年度)の指定都市小学校長会研究協議会岡山大会に向け,本年度から6委員会すべてから1名ずつの委員が研究協議会(令和元年度は千葉)に出席し,校長としての知見を広げるとともに準備等を進めて参ります。

岡山市小学校長会では本年度の研究主題を「新しい時代を創造し,未来社会に夢と希望をもち,たくましく生きる児童の育成をめざす小学校教育の推進」として,岡山市教育委員会,全国連合小学校長会,指定都市小学校長会研究協議会,岡山県小学校長会並びに岡山市国公立園長会,岡山市中学校長会等と連携・協力しながら,その実現をめざして取り組んで参ります。

校長が,自分自身もまた「未来の創り手」であるという自覚と責任をもち,ともに学び合い高め合うことによって,新しい時代に即応した教育活動を主体的に推進していくことができるものと考え,合言葉を『未来を拓く岡山市小学校長会』として,本会の活動を進めていきたいと思います。
市内91名の校長先生方のヘッドワーク・フットワーク・ネットワーク・チームワークに加え,よき応援団としてのバックアップもよろしくお願い申し上げます。

岡山市校長会長 岡山市立高島小学校長
徳永 充生