専門部活動方針

【総務部】

岡山市小学校長会活動方針に基づき,岡山市の教育に資する提言ができる力量を高めるため,組織として活動できる体制を確かなものにしていきます。

そのために,活動内容と担当部が整合性を持って取り組めるように調整します。また,会員の研修を充実させるため,全員研修会の内容を整理・充実します。さらに,岡山市教育委員会,指定都市校長会と連携を図り,今日的な教育課題に対して検討していく体制を整え,ビジョンを持って提言できるよう力量を高めていきます。

1 今日的な教育課題に対しては,検討する組織を設置するとともに,関係機関に提案していく。

2 全体の研修計画の策定にあたっては,市教委の担当者と相談し,お互いの計画のすりあわせを行う。また,全体研修会と区研修会のつながりをより強くする。

3 全体研修会の内容や時間配分について検討するとともに,ミニ研修の機会を積極的に設け,会員の実践の共有を図る。

4 岡山市小学校長会の組織や活動を,ホームページ等を使って発信する。

5 中央公民館の使用停止に伴い,適切な研修会場について研究する。

 

【教育研究部】

岡山市小学校長会活動方針に基づき,学校運営のリーダーシップをとる校長の資質向上を図るために,6分野の委員会に分かれてねらいを絞ったテーマを基に研修を深めたり,指定都市校長会研究協議会や県大会・中国大会等での発表者の支援を行ったりする。各委員会における研修・研究の成果や,各大会で得られた情報を定例校長研修会の場などを利用して共有化し,岡山市全体で実践できるようにする。

1 研修内容を継続し,深めていく

(1)前年度までの研修の成果と課題を検討し,各委員会ごとの研究テーマを策定する。

(2)研修時間を確保するため,「各委員会で随時研修会をもつ」,「C4thで情報交換する」などの工夫をする。

(3)研修の講師を招聘する際は,事前に総務部に連絡し,特に研修時間が確保できるよう努める。

(4)委員会間や専門部とも連携・調整し,研究・研修の広がりと深まりを図る。

 

2 岡山市全体で実践できるように研修内容を共有する

(1)研究テーマとその達成に迫る手立てを共通理解できるようにする。

(2)「研究のまとめ」の発表の機会をとり,成果を共有する。

3 指定都市校長会研究協議会への事務局を担う

(1)「調査A」「調査B」アンケートについて回答し,大会事務局へ送付する。アンケート結果は校長会で報告し,現状分析に役立てる。

(2)研究協議会参加者への日程確認・宿泊および旅券手配等,団体出張にかかわる諸活動を行う。

(3)研究協議会の協議内容について,参加者からの情報を集約し,校長会で報告する。

(4)研究協議会当日のアトラクションでアピール活動の発表年度には,「岡山市のアピール」を計画し練習をする。

 

【学校管理対策部】

岡山市小学校長会活動方針に基づき,学校管理(人事・予算・その他学校管理)において,岡山市の教育に資する提言ができる力量を高めるため,組織として活動できる体制を整える。また,その活動の充実を図ることによって,小学校長会の活性化につなぎ,岡山市の教育に充実に寄与していけるようにする。

1 学校管理に関する課題のとりまとめをする。

(1)学校管理(主として人事・予算について)に関する課題を各校に調査する。

(2)学校管理対策部でとりまとめを行う。

(3)まとめたものを活用し,各区の校長会研修会で話題にしたり,検討したりする。

(4)市教委に対する提言への基礎資料とする。

2 市内間転出予定児童の調査をし,次年度学級数等の参考資料にする。

 

【教育課題対策部】

岡山市小学校長会活動方針に基づき,積極的に岡山市の教育に資する提言ができる組織となるように教育に関する調査研究を行い,岡山市が抱える教育課題を明らかにする。

1 岡山市立小学校についての実態調査を行う。

(1)岡山県小学校長会が実施するアンケート調査の集計を行い,岡山市の集計結果及びグラフを作成する。

(2)指定都市校長会研究協議会の調査Ⅱ(大都市の学校が直面する課題及び取組)について教育研究部と連携してアンケートを行い,ブロックごとの取りまとめをする。

 

2 県校長会アンケート調査を分析し,岡山市小学校長会に教育課題を提案する。

 

【人材育成対策部】

 これまで教育研究部の活動の一部であった教職員の人材育成に係る活動を,教育研究部から切り離し,新たに「人材育成対策部」を設置する。教職員の人材育成の重要性を鑑み,関係諸機関とも連携をとりながら,その効果的な育成方法について講じることを目的とする。主な活動は,人材育成・確保に関する調査並びに人材育成会議の開催とする。

1 人材育成・人材確保に関する調査を行い実態把握をした上で,平成31年度の協議の視点を作成する。

(1)昨年度行った2回の人材育成会議の内容を全校長と共有した上で,人材育成・人材確保に関するアンケート調査を行う。

(2)アンケート結果をもとに,人材育成会議(特に第1回のグループ別研修)の協議の視点を作成する。

 

2 人材育成会議を年2回(8月・12月)開催し,具体的方策を打ち出し,校長会研修会で共通理解を図る。   

 人材育成会議では,規模別・課題別に分かれて協議し,具体的方策を打ち出すことによって関係諸機関との連携をよりいっそう効果的な者とする。

 (1)学校規模別・課題別に分かれて人材育成や人材確保について話し合う場をもち,協議の視点を基に具体的な方策を協議し,出された意見や方策を共有する。

 (2)新規採用教員や若手講師のみならず,教頭・主幹教諭・中堅教諭の人材育成の在り方や人材確保について,教育委員会や小教研等の関係機関・団体と情報交換や意見交換の場をもち,校内外における研究・研修の在り方や体制づくりなど,教職員の資質能力向上のための方策を継続して協議する。協議内容を校長会研修会で報告し,共有する。

 【修学旅行対策部】

岡山市小学校長会の活動方針に基づき,岡山市小学校連合修学旅行が安全かつ有意義に実施できるよう,修学旅行の実施に関する諸問題を検討する。

さらに,希望の時期に実施ができ,保護者の経費負担の軽減につながるように,旅行業者の選定及びJRや他市修学旅行団との連絡調整,その他,校長会からの諮問に対しての審議を行う。

対策部で審議したものは,修学旅行幹事団代表等を交えた修学旅行検討委員会での検討を経て,校長会に答申する。

1 2020年(東京オリンピック開催年)問題・外国人旅行客の増加問題等に関する情報収集を行い,早期に宿泊施設を確保する。                             ・2020年度の各校の宿泊施設・バス会社の予約状況を確認し,各業者には十分な努力をお願いしていく。 

2 2020年度以降の新たな業者スケジュールを示していく。                   ・班編制と業者抽選,学校への挨拶,宿泊施設の確保,宿泊施設の下見時期

 

3 バスの部開設に向けての準備を完了する。(連合の利点周知と参加校数の拡大に向けて)                                                   

・2022年度開設に向けて,2019年度末までに準備完了していく。              ・バス統一料金の設定に向けて,各業者への協力をお願いしていく。

4 2022年度以降の適正な修学旅行取扱業者数と選定方法について検討する。

・2018~2019年度連合修学旅行の「反省とまとめ」と業者への改善要望への対処の状況をもとに,2022年度以降の業者選定の方法を2019年度中に決定する。

 

5 食物アレルギーについての適正な対応の検討を継続する。